キトサンファイル
キチンキトサン情報
  Chitin Chitosan line.gif
基本情報
folder1.png 研究報告・臨床例
folder2.png folder3.gif はじめに
folder2.png folder3.gif

人工皮膚

folder2.png folder3.gif

重金属および放射性物質の吸着除去

folder2.png

肝機能改善と肝臓病

folder2.png folder3.gif

ガン

folder2.png folder3.gif

血圧

folder2.png folder3.gif

コレステロール・中性脂肪

folder2.png folder3.gif

免疫

folder2.png folder3.gif

ダイオキシン

folder2.png folder3.gif

老廃物の吸着除去(腎臓病)

folder2.png folder3.gif

歯根膜の増殖・分化

folder2.png folder3.gif

神経再生

選別方法

 

肝機能改善・肝臓病とキチン・キトサン

鳥取大学の平野教授グループ
一方のウサギに高コレステロールを含んだ飼料を与え、もう一方のウサギには高コレステロール飼料のほかに2%のキトサンを与えて39日間飼育した後に解剖してみると、キトサンを与えないウサギの肝臓は赤茶色に変色し明らかに脂肪肝・肝炎となっていますが、キトサンを与えたウサギの肝臓は全く脂肪肝も肝炎も見受けられず正常な肝臓でした。

医学博士松永亮先生
キトサンがB型肝炎とC型肝炎の治療に効果があり、インターフェロンの副作用も抑えるとの臨床報告をされ、そのなかでキトサンはB型肝炎とC型肝炎のウイルスの活動を抑制して肝機能を高め、病状が好転すると分析しています。

工学博士景世兵先生
慢性B型肝炎の患者を対象にした水溶性キトサンの臨床実験。水溶性キトサンを3ヶ月から6ヶ月まで経口投与し、患者の経過観察を行い、それらの臨床データを統計処理したところ、水溶性キトサンによる臨床効果が認められました。肝機能の指標GOTやGPTの数値は治療前よりかなり低下しました。また、高ALTの患者のALT値が100%改善されました。そのなかには、食欲もなく腹水が溜まり黄疸もでている患者が多かったのですが、治療の後ほとんどの患者の食欲、体力が改善され、黄疸も消えました。

戻る次へ

 Copyright(c) HumanBalance. All rights reserved. キトサンファイルに掲載された文章を許可なく転載することを禁じます。   プライバシーポリシー