キトサンファイル
キチンキトサン情報
  Chitin Chitosan line.gif
基本情報
folder1.png 研究報告・臨床例
folder2.png folder3.gif はじめに
folder2.png

人工皮膚

folder2.png folder3.gif

重金属および放射性物質の吸着除去

folder2.png folder3.gif

肝機能改善と肝臓病

folder2.png folder3.gif

ガン

folder2.png folder3.gif

血圧

folder2.png folder3.gif

コレステロール・中性脂肪

folder2.png folder3.gif

免疫

folder2.png folder3.gif

ダイオキシン

folder2.png folder3.gif

老廃物の吸着除去(腎臓病)

folder2.png folder3.gif

歯根膜の増殖・分化

folder2.png folder3.gif

神経再生

選別方法

 

人工皮膚とキチン・キトサン            

1990年、サハリンで大火傷を負って札幌医科大学付属病院に入院したコンスタンチン少年の治療に使われたのは、大手繊維メーカーのユニチカで開発された「ベスキチン」という人工皮膚でした。キチン・キトサンは生体親和性が高く副作用もなく鎮痛効果、止血効果、殺菌作用もあり、体液の滲出を吸収でき、新生肉芽の促進作用などが認められており、患部に被覆すると、痛みを和らげ、炎症を抑制し、火傷や傷の治りが早いのです。また、使用後は体内のリゾチームなどの酵素により自然に分解消滅してしまいます。

簡単に説明すると人間の皮膚が再生する間に理想的な保護膜の役割を果たし、本来の皮膚が再生すると、保護膜は自然に消えてしまうというわけです。このキチン・キトサンの抗菌性、肉芽促進作用および体内親和性を利用してキチン・キトサン瘡傷被覆材も開発され、人工皮膚とともに保険適用医薬品として最初に認定されました。

戻る次へ

 Copyright(c) HumanBalance. All rights reserved. キトサンファイルに掲載された文章を許可なく転載することを禁じます。   プライバシーポリシー