キトサンファイル
キチンキトサン情報
  Chitin Chitosan line.gif
folder1.png 基本情報
folder2.png はじめに
folder2.png キチン・キトサンとは
folder2.png キチンとキトサンの違い
folder2.png キチン・キトサンの歴史
folder2.png キチン・キトサンの特性と応用分野
folder2.png キチン・キトサンの健康食品としての作用
folder2.png キトサンの分類
研究報告・臨床例
選別方法

 

キチン・キトサンの歴史            

1823年 ギリシャ語で「封筒」を意味する「キチン」はフランスの科学者オジールにより命名される。
1859年 ユーゲにより「キトサン」が発見される。
1977年 第1回キチン・キトサン会議が米国で開催され、世界的に注目を浴びるようになる。
1982年 日本では農水省の「未利用生物資源・バイオマス」開発10カ年計画でキチン・キトサンの研究がスタート。
1985年 文部省が約60億円を投じ、全国13の大学でキチン・キトサンの基礎・応用研究を奨励。
1986年 鳥取大の平野教授が、動物実験で血中コレステロール及び中性脂肪値の減少効果を確認。
1992年 水産庁の依頼により、愛媛大学の奥田教授らが食塩摂取による血圧上昇抑制効果を発表。
1992年 チェルノブイリ原発爆発による放射能後遺症に対する臨床研究を開始。
1993年 国立健康・栄養研究所が人体でのコレステロール低下作用を確認。
1996年 日本キチン・キトサン学会が誕生。

戻る次へ

 Copyright(c) HumanBalance. All rights reserved. キトサンファイルに掲載された文章を許可なく転載することを禁じます。   プライバシーポリシー